珈琲中毒

そう、珈琲中毒なんです。
飲まずにはいられないんですよ、大して好きでもないのに。。
少し前までは飲めなかったし、
珈琲ショップの前を通った時のあの珈琲の香りでさえ嫌なくらいでした。

でも、大人になると珈琲を当然のように出される事って多いじゃないですか。
何度か戴かなくてはいけない状態に陥って、
飲んでいるうちに飲めるようになったのです。
そうしたら、今度は飲まずにはいられない状態に。

あれって別に中毒性のある飲み物ではないですよね?
ホント自分でも不思議なんです。
味も香りも未だに好きじゃないし、飲めば胃も痛くなるくらいなのに、
疲れてきたりすると恋しくて恋しくて仕方がなくなるんです。
珈琲に少しのミルクを入れて、ゆっくり飲むのが究極のリラックスタイムなんですよね。
まさに恋ですね、恋^^

みなさんは、何かそういうものってありますか?

ちなみに、上の娘は水。
しかもミネラル水じゃないとだめという贅沢ぶり。
お茶ではだめらしいんです、これも何故だかはわかりませんが。。

下の娘は、牛乳。
飲めばお腹を壊す体質にも関わらず、飲むんです。
胃が痛くなるのに珈琲を飲む私と同じですね、血は争えないw
でも、珈琲はまだいいですが、牛乳を飲んでお腹を下す人って、
体質的に合ってないっていいますよね?
あんまり飲ませないようにはしているんですけど、
気がつくと飲んでるんですよ。
牛乳も中毒性があるのでしょうか???
困ったものです。

Both comments and trackbacks are currently closed.