テレビのCMって効果あんのかい?

テレビってのは広告、まぁCMってやつだな。これの方がメインだっていうシステムを知ったときは驚いたもんだよな。広告主あっての番組とも、なんか言われてるみたいだしね。でもまぁ、テレビを楽しんでる人からしたら、番組がもちろんメインで、CMは邪魔だなって思うもの、そうじゃない(笑)?

子どもの頃からずっとそう思ってたなぁ。バラエティ番組を観ててさ、間にCMが入るとイラっとしたもんだ。「このあととんでもないことに!」とかテロップが入って、はいCM。映画も嫌だったよね。面白い洋画を観てても、CMで一気に現実に引き戻されてしまうのだ。あれが嫌で、テレビで映画を観るのはやめてしまった。チャンネルはそのままでとか言われても、CMに入ると決まってその間だけ別のチャンネルに回しちゃうのね。今思うと、「チャンネルはそのままにして、CM見てね」って意味もあったんだろうな(笑)。

思うんだけどさ、大抵の人はCMになるとチャンネルを回してしまう気がするんだよね。だから、これじゃ宣伝効果ってあるんかなと疑問になってしまう。それに、リアルタイムで番組を観る人も少なくなったっていう。今はチャンネル数が増えて、必ずしも観たい番組をリアルタイムで観るとは限らない。むしろだいすきな番組こそ、録画して後でじっくり観ようって思ってる人も多いんじゃないかい? これじゃ正しい視聴率も出ないだろう。

それにさ、CMに影響されて物を買うとか、結構いるもんなのかね? 僕はさ、結構なひねくれものだからCMで購買意欲が湧くとか心を動かされるってことが一切ないのよね。例えばCMの合間にマクドナルドやらケンタッキーなんかのCMが入ったところで、「あぁ、明日食べよう!」とかならない。でもまぁ、例えば100人に1人でもそう思う人がいるとすれば、宣伝効果はデカイってことなんだろうな。

ちなみに、今は携帯機器がたくさん増えたもんだ。だからCM中はテレビ画面から目をはなしてスマートフォンで何かをしているって人が多いそうだ。たしかにそれさえあれば、メールやらSNSの状況やらゲームやら、数分間暇を潰すことができる。スマートフォンみたいな機器のせいで、CM効果は地味に下がってるんじゃないかね(笑)?

Both comments and trackbacks are currently closed.