自炊初めて気が付いたこと

スーパーのお惣菜やコンビニなんかのお弁当、フード店のお持ち帰り。どれも手早くささっと食べられて美味しいもんだ。だから僕はついついこれまでそれらに頼りすぎていたのだが、今月から人生初の本格自炊生活に切り替えることにした。毎日食事は自炊するようになった。お陰でいろいろと気が付くことにもなったよ。

まず、食材の値段に敏感になった。野菜の値段とか卵の値段とかさ、これまで全く気にしていなかったものだからどれくらいが相場なのか、どれくらいならば安いのかが全く分からなかった。だから最初はいろんなスーパーに行っては値段を調べ、どこで何を買うかを決めた。面白いもんで、野菜はこっち、肉はあっち、卵はまた別のところが一番安いって分かれてるもんなのよね。あとタイムサービスを利用して、深夜や早朝の24時間営業のスーパーに行ったりもするようになった(笑)。半額とか滅茶苦茶あるのよね~。

毎日何を作るかってのも楽しくなった。自炊をはじめる前は、なんだかんだで億劫になってしまう気がしていたんだけどさ、意外と嵌るもんだね。仕事中の暇な時に当日とか明日作るものを考えてさ、帰りにスーパーで買い物して帰るのが楽しい。慣れて来るともっと先まで考えてまとめて買い物を済ませるんだろうけど、今はまだ毎日仕事帰りにスーパーに寄るのが日課だ。あんまりまとめ買いしてもうちの冷蔵庫は小さいから入りきらないってのもあるしね。こんなに自炊に嵌るんだったら、もっと大きい冷蔵庫買っておけば良かったよ(苦笑)。

料理の勉強も面白いもんだ。既存のレシピどおりに作るのも面白いけど、自分で好きな野菜や肉を組み合わせて、味付けも工夫してみるってのも面白いもんだ。で、「こりゃいいな!」ってのができたら、それをメモるのだ。こうやってオリジナルレシピを増やしていくってのも面白い。料理が好きって人は、こういうのを知ってたんだな~。こりゃ確かに面白いよ。

まぁ楽しいのは良いんだけどさ、気がつくと時間を使いすぎてしまってることもあるのが問題だ。「夕食終わったら寝る前に少し仕事しよっかな~」って思ってたのに、夕食作りで1時間くらいかけちゃってさ、仕事できなくなっちゃうのがしばしば。まだまだ包丁使いなんかが不慣れなもんだから時間がかかっちゃうのよね。

Both comments and trackbacks are currently closed.