夜景で喧嘩・・・?

皆さんは夜景は好きですか??私は夜景が大好きで毎日でも本当は見に行きたいくらい。ある時、海ほたるから夜景を見る機会があったのですが、本当に海ほたるから見える横浜周辺の景色がキレイでとても感動したのを覚えています。何時間でも入れてしまう感じ・・・。ただの明かり、と言えばそうかもしれませんが、なんであんなにきれいだと感じるのでしょうか・・・。そんな夜景の好きな私ですが、旦那さんは残念ながらそんなにまでは感銘を受けないのだそう・・・。なんだか共有できていない感じがして残念・・・なので、旦那さんと夜景を見て、ロマンチックになる、という思い出は過去にはない気がする・・・(涙)なんだか少しさびしい現実ですね・・。

でも、実はコレ、科学的には全然おかしくないようです・・・。ある実験で、夜景を好きなだけ見て、飽きたら帰ってきてください、という実験をしたと頃、女性は約44分で、男性は8分だったどう・・・その差はなんと5倍!?そのことにもびっくりですが、8分って何!?!?というのも私のビックリするポイント(笑)

では、本題ですが、なんでそんなに女性の方が長く夜景を見れるのか・・というところで、実は女性の方が男性よりも色を識別する細胞が1種類多い、を言われているのだそう。また、そもそも男女の脳のとらえ方で、色をとらえる能力に決定的な違いがあるのだそうです。もちろん、目自体の作りは一緒で男女に差はないのだそうです。機能も一緒。しかし、目から入った情報を処理するのは脳なので、ここには男女の大きな違いが表れるのだそう・・・。

男性にとっては夜景は変化のない景色なのですが、女性にとっては微妙な変化を楽しめ、じっくり楽しめる景色なんだそうで、男性が赤、をひとくくりにしても、女性は濃い赤、薄い赤と色彩豊かに色をとらえるので景色が長く楽しめるのだそう・・・。なるほど・・という事は旦那さんのここを変えるべきなのですね・・難しい・・・。これは諦めることにします・・(笑)

Both comments and trackbacks are currently closed.