この時期、風邪だったり、もしくは人によっては秋・冬の花粉症だったりで鼻をかむという機会も少なくはないと思うのですが、この鼻の噛み方、ちゃんと正しい方法で噛んでいますか??

みなさんは鼻をすっきりさせたいがためについつい力いっぱい鼻をかんでしまう事ってないですか??実はまずこの行為自体が良くないのできをつけなければならないのだとか。また、両方の鼻を一度にかむことも家Kなくて、最近やウイルスが鼻の奥の方に追い込まれ、副鼻腔炎につながる恐れもあるそうです。また、中途半端にかんでしまうことも行けなくて、残った鼻水のなかで最近が増え、気管支炎や肺炎につながることもあるのだそうです。・・・想定すらしなかった事なのでびっくり・・・よく中耳炎になる、とは言いますよね。でも、かむことよりも鼻水をすすると、最近のついた鼻水が鼻の奥に入ったり、耳まで達して中耳炎を起こすことがあるのだそうです。

このように間違った鼻のかみ方ばかりしていると、鼻血が出たり、耳が痛くなったりもするそう。先ほどみたいに左右の鼻を同時に強く噛んでいると、耳管が陰圧になるため耳管の機能が障害され中耳炎になったり、ひどいと鼓膜に出血がおきたいりするらしいのでかなり注意が必要・・・。

それでは、正しいかみ方は??と言うところなのですが・・・鼻をかむときは極力柔らかいテッシュで、口から息を吸い、鼻を押し出すために空気をたっぷり入れ、片方ずつ、ゆっくり何回かに分けて噛むのが理想的。あくまでも優しく、優しく。鼻にもいいのはななめ下を向いて噛むことなんだそうです。

鼻をかむのにそんなに神経を使ったことなんかないですし、それで何の問題もなかったのですが、自分は全然今までのやり方で問題ないのですが、これが子供にやらせると思うと、ちゃんと正しいやり方を知ったうえで教えてあげたいですよね。鼻をかんで他の箇所に支障をきたしても可哀想だし・・・案外、難しいのですね・・・。

Both comments and trackbacks are currently closed.